2011年7月2日土曜日

面白さが理解できない小説、六枚のとんかつ

講談社のメフィスト賞といえば、「面白ければなんでもあり」の文学賞として有名です。冷たい校舎の時は止まるの辻村深月とか、映画化されて話題になったスカイ・クロラ作者の森博嗣などもこの賞の受賞者です。これらの作者たちの小説は結構面白いので、最近はメフィスト賞の歴代受賞作品を読んだりしています。
直近で手に取ったのはこれ。蘇部健一の六枚のとんかつ


くっだらない!ミステリーなのにくだらない作品です。紙クズと思われて捨てられそうな勢いです。正直言って僕は好きではないです。でもハマる人にとってはドハマリしそう。ちなみに笠井潔氏からは「単なるゴミである」と評されたとのこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿